婚約指輪の適正な値段はいくらぐらい?

一生に一度のお買い物…でもいくらぐらい出せばいいの?

結婚が決まったら、やっぱり気になるのは婚約指輪ですよね。結婚したカップルのうち、約8割が婚約指輪を購入しています。二人の絆を深めるだけでなく、贈ることそれ自体が一大イベントとなる婚約指輪。一生の宝物になりますから、こだわって選びたいですよね。
婚約指輪の適正な値段はいくらぐらいなのでしょう。俗に「給料の3か月分」なんていう話もありますが、実際にはどれくらいなのでしょうか。婚約指輪の購入価格は平均で約33万円。だいたい20~30万円が相場と考えておけばよいでしょう。せっかくの指輪ですからあまり安っぽくてもよくありませんし、かといって高ければいいというものでもありません。結婚指輪は別に購入することになるので、予算をなるべく抑えたいという考え方もあるでしょう。

婚約指輪を安く買う方法!

婚約指輪のデザインやクオリティにはこだわりたい、でも予算は低く抑えたい…。たいていの人はそう考えますよね。質のいい指輪を、安く買う。そんなわがままが叶うのでしょうか?実は、叶うのです。その方法とは…宝石の街と呼ばれる「御徒町」に行くこと!これです。
御徒町には昔から宝石や装飾品を取り扱う卸業者が多く、メーカー直営店もあります。デパートの宝石売り場などで売られている商品は、メーカー→卸業者→デパート(小売店)という流れで中間マージンが発生するため、値段が高くなります。御徒町では、卸業者が小売店も営んでいるので、マージンが発生せず、安い価格で売ることができるのです。首都圏にお住まいの方は、ぜひ一度御徒町に行ってみましょう。おすすめの店は、リューツウ、タカラ貴宝、ジュエリーガラなどです。